ピアソンの積率相関係数

2つの量的変数間の直線的関連の程度を示す係数。rxy

-1←相関あり–0(相関なし)–相関あり→1

ピアソンの積率相関係数は次式で与えられる。

 

$$r_{xy}=\frac{\sum_{i=1}^{n}{(x_i-\bar{x})}{(u_i-\bar{u})}}{{\sqrt{\sum_{i=1}^{n}{(x_i-\bar{x})}^{2}}}{\sqrt{\sum_{i=1}^{n}{(y_i-\bar{y})}^{2}}}}$$

 

n組のデータ(x1, y1), (x2, y2), …, (xn, yn)

Sx, Sy:それぞれの標準偏差

Sxy:共分散

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です