では、引き続きSpringでアプリを作成していきたいと思います。

前回の環境構築編は↓↓↓から。








新規プロジェクトの作成

springスターター・プロジェクトから作成

:Maven

パッケージング:War

Javaバージョン:8

言語:Java

Spring Boot バージョン:2.1.1

依存関係

Lombok

Web

JDBC

PostgreSQL

Tymeleaf

 

作成できたらMaven installする。

 

Userクラスの作成

src/main/java/com/example/User.java

com.exampleのパッケージから新規で”User.java”というクラスを作成します。

UserFormクラスの作成

src/main/java/com/example/UserForm.java

フォームクラスはHTMLの<form>要素内で扱う入力項目の値を保持するクラス

<input>,<select>,<radio>,<check>など

 

UserMapperクラスの作成

src/main/java/com/example/UserMapper.java

UserMapperクラスではRowMapperを利用して、User情報のマッピングを行います。

RowMapperは型パラメータとして変換後のクラスを必要として、Userクラスを指定している。

 

DB接続設定

src/main/resources/application.properties

SampleControllerクラス作成

src/main/java/com/example/SampleController.java

Jdbctemplateを利用したデータアクセス。データソースの初期化処理が完了したJdbctemplateクラスを@Autowiredでインジェクションする。

@RequestMappingを指定して”/sample”,”/member”というパスに対するリクエストをマッピングする。

View名として”sample/index”,”sample/member”をそれぞれ返却しているので、次の項でsrc/main/resources/templatesにsampleフォルダを作成して、index.html, member.htmlを作成する。

 

HTMLの作成(indexhtml)

src/main/resources/templatesに新規フォルダ(sampleフォルダ)を作成し、”index.html”を作成する。

HTMLの作成(member.html)

src/main/resources/templates/sampleに”member.html”を作成する。

これでなんとなく登録画面とその表示ができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です