今回はSpring Tool Suite4で簡単なアプリを作ってみます。

目標

①dockerの環境を作ってみる

②Spring Tool suiteでDBに登録したデータをブラウザに表示してみる。

 

環境

macOS Mojave 10.14

Docker version 18.09.0

Spring Tool Suite 4 Version: 4.0.1.RELEASE (STS4の環境構築はSTS4の環境構築を参照)

 Dockerのインストール

Dockerのサイトからダウンロードする。

アカウントを作成してから、

“Download from Docker Hub”

“Get Docker”でダウンロード

インストールができたらバージョン確認してみる。

Dockerの設定

ここから実際にDockerを起動できるように設定していきます。

まずは適当な場所にフォルダを作成します。

今回はフォルダ名を”Sample”とでもしておきましょう。

ターミナルから”Sample”フォルダまで移動します。

viエディタを開きます。

下記の手順で”docker-compose.yml”を作成します。







 

DBサーバ接続と環境構築

今回はDBはpostgreSQLで準備したいと思います。

“docker-compose.yml”ファイルのあるディレクトリまで移動し、次のコマンドで起動

ユーザーとデータベースの設定をする。

ではここから、今作成したユーザーでDBに接続しテーブルを作成していきます。

ちょっと長くなってきたので今回はここまでにして、次回アプリの作成を進めたいと思います。

アプリ作成編はこちら↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です