クラウドとは?

クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、「ソフトウェアを持たなくてもインターネットを通じて必要なサービスを必要な時に必要な分だけ利用する」という考え方のことです。

例えば、GoogleのGmailはインターネットに接続されているPC、スマホなどの端末があれば、アカウントさえあればどこからでも利用できますね。

そもそもなぜクラウドと呼ばれるようになったのでしょう?

これまでのクラウドサービスでない場合を考えてみると、例えば、MicrosoftのExcel、Word、PowerPointはソフトウェアを自分のパソコンにインストールして使用していましたね。そしてこれは、他のパソコンからは使用できなかったはずです。使用できたとしても、ソフトウェアがインストールされていて、尚且つ自分で使用したいデータを移行してから使用していたと思います。

その一方で、Googleのサービスであるスプレッドシートなどはアカウントさえ持っていればどのパソコンからも使用でき、データを移す必要もありません。

ではこのスプレッドシートというソフトウェアはどこにあって、自分の使用しているデータはどこにあるのでしょうか?

このどこにあるのかわからない、「雲(=クラウド)」の中にでもあるようなサービスのことをクラウドサービスと呼んでいます。



クラウドの種類

インターネット上で提供されているサービスをまとめてざっくりとクラウドと呼ばれていますが、クラウドはきちんと分類がされています。

代表的なものを次に紹介します。

SaaS(Software as a Service)

ソフトウェアを提供するクラウドサービス。

特徴

・インターネットに接続していればどこでも自由に利用できる。

・データをオンライン上に保存できる。

・複数人で管理・編集ができる。

PaaS(Platform as a Service)

開発環境を提供するクラウドサービス。

特徴

・提供されたプラットフォーム上で開発できる。

・自分でプラットフォームを使用してシステムを構築できる。

IaaS(Infrastructure as a Service)

サーバー(インフラ)を提供するクラウドサービス。

特徴

・必要なシステム開発設計を自由にできる

・専門知識が必要。

・管理運用のスキルが求められる。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です