今日覚えたことをつらつらと。 Javaの超初心者な内容です。  

文字列や四則演算をコンソールに出力する方法です。

ここでprintlnのlは”エル”ですね。

次に四則演算についてです。

上から順に、 足し算 引き算 掛け算 割り算 割り算のあまり計算 になりますね!  

ここで、データ型について簡単に説明。

String型:”Hello World”などの文字列を表します。※StringのSは大文字なので注意しましょう。 int型    :29などの整数値を表します。英語のintegerの略です。  

次に文字列の連結について。

こうですね。

続いて変数について、変数定義と代入方法。

まずはint型の”number”という変数を定義します。 同じくString型の”name”という変数を定義します。 結果は ですね。 また、 int型は整数値として計算することができ、 String型では前に書いたように連結もできますね!   変数は上書きすることもできます。 同じ変数名は使用することはできないので、上書きするときに、 int number = 5; . . . int number = 9; などとするのは間違いですね!! と定義し直すのが正しい書き方ですね。   今日はここまで。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です